• background image
  • 選ばれる都市「よこはま」 

    選ばれる街「保土ケ谷」を目指して

  • 少子化による人口減少の波がとうとう横浜市にも押し寄せています。そして、全国的に人口減少が進むと都市や街が選ばれる時代になります。

     

    私、青木りょうすけは、地域の声にさらに耳を傾け、これからも「よこはま」や「保土ケ谷」が選ばれる都市・街であり続けるための政策に全力で取り組まなければなりません。

     

    そのためには、「住みたい住み続けたい街よこはま」「働きたい街よこはま」「訪れたい街よこはま」などを実現し、人口減少を抑制し財源を生み出し持続可能な横浜市を目指します。

     

    そして、喫緊においては「物価高に対しての経済政策」はもちろんのこと、横浜市の政策の一丁目一番地である「市民に寄り添う子育て政策」「健康長寿命社会を目指した高齢者政策」などの福祉政策について全力で取り組みます。

     

  •  青 木 の 8 策 

     

     

    broken image

    1、子育てしやすい都市「よこはま」を目指して

     

    ・親と子の集いの広場、地域子育て拠点、拠点サテライトの増設を進め、孤独な子育てを防ぎ、全ての妊産婦や子育て家庭が地域の中で温かく見守られるまちづくりを進めます。

     

    ・不妊治療への支援強化や産前産後の健康診断の助成、妊婦の初診無料化、妊娠時や出産時の生活応援女助成、小児医療費の支援、医療的ケア児の支援、妊産婦や乳幼児の災害対策ガイドラインの策定などきめ細かい子育て政策を進めるとともに国に対して対応を求めます。

     

    broken image

    2、誰一人取り残さない「よこはま」のために

     

    ・増え続ける児童虐待やいじめを撲滅していくために児童相談所の体制をさらに強化し、里親制度の充実、ヤングケアラーの実態調査や支援、貧困対策など、子どもや若者が安心して暮らせるまちづくりを進めます。

     

    ・身体的障害、知的障害、精神障害など障害に対する理解を深め、就労支援やスポーツの充実、地域活動などへの参加を推進し、共生社会「よこはま」を構築します。

     

    broken image

    3、高齢者が安心して暮らせる「よこはま」を

     

    ・元気な高齢者の就労支援、または地域活動や生きがいを見つけるための支援を充実し、さらにがん検診や歯科口腔検診などによる予防や早期発見、また携帯アプリなどによる健康管理を促進させて健康寿命の延伸を目指します。

     

    ・誰もが安心して医療や介護が受けられる「横浜型地域包括ケアシステム」を推進し、介護予防強化の取り組みを始め、在宅医療・介護、オンライン介護相談等による家族介護支援、また家族に頼れないおひとり様高齢者の系の体系化を目指します。

     

    broken image

    4、災害に強い都市「よこはま」をさらに前へ

     

    ・わかりやすく簡潔な横浜型災害情報システムや避難ナビアプリ等DXを作成することにより、より正確な情報を市民へと発信し迅速に避難できるようなシステムを構築します。また、横浜独自の避難所受け入れや必要物資の配給、救急キットの配布などのシステム化について研究・検討してまいります。

     

    ・建造物や上下水道の耐震化、無電柱化、通学路におけるブロック塀除却やがけ対策の強化、狭あい道路の拡幅や緊急輸送路の確保などハード面においての災害に強いまちづくりをさらに推進します。

     

    broken image

    5、これから未来もずっと住みたいと思える「よこはま」に

     

    ・市民の皆様の利便性向上のために用途変更、都市計画区域の線引きの見直し等、時代のニーズに即した住環境の見直しをより抜本的に柔軟性を持って取り組むことにより、これからも住み続けたいまちづくりを進めるとともに、若い世代の「よこはま」への流入を促進します。

     

    ・交通ネットワークの充実は住みやすいまちづくりに直結をすると考えています。

    坂の多い「よこはま」においてお年寄り、子育てママ、障がい者など誰もが自宅と駅を楽に往来できるような地域交通システムを全市的に検討し、また整備が他都市よりも遅れている都市計画道路の整備を進めます。

     

    broken image

    6、訪れたい街、働きたい街「よこはま」で経済成長を

     

    ・訪れたい街を目指すために観光・シティプロモーション戦略を再構築します。

    インバウンドや国内旅行需要を取り込むため、MICE誘致による国際都市横浜を前面に打ち出し、観光客の回遊性向上や市内各地の歴史的建造物の利用、突き抜けた発想を持っての大型イベントやショービジネスや飲食店の充実など横浜に「泊まる」「留まる」観光施策を推進します。

     

    ・企業立地、企業誘致をさらに前に進めると共に「YOXO BOX」「ITOP横浜」などイノベーションの環境を充実させ、日本一起業しやすい都市を目指します。また市内中小企業の支援もさらに拡充し事業承継にも力を入れ、街の賑わいとしての商店街の振興にも力を入れることにより働きたい街「よこはま」を実現してまいります。

     

    broken image

    7、環境にやさしい都市「よこはま」の実現へ

     

     ・「2050年カーボンニュートラル」実現に向けて横浜が日本をリードします。「横浜市脱炭素社会形成推進に関する条例」のもとサーキュラーエコノミーの推進、民間イニシアティブの後押し、再生可能エネルギーの導入促進などにより2030年の削減率を2013年度比54%を目指します。

     

    ・国際園芸博覧会(花博)の上瀬谷実施を進め、自然と人間が調和した横浜の姿を全国に発信します。また「横浜の農産物」の真のブランド化を目指し、質の高いスマート農法を取り入れさらに観光農園を普及させて「農」による横浜の新たな魅力を創出します。

     

    broken image

    8、市民に身近で寄り添う市役所、

    区役所がある「よこはま」へ

    ・引っ越してきた際の様々な行政手続きや、年金・介護保険・住民税所得税など、市民が様々な相談をしに来た時にワンストップで解決できる窓口を作るなど、縦割りを排し市民に寄り添う利便性の高い市役所、区役所を目指します。

     

    ・市役所、区役所におけるDX・デジタル化を推進し、市民が窓口に来なくてもスマートフォンやパソコンで簡単に諸手続きや申請を行えるような仕組みを整えます。またデジタルが不得意な方でも操作のお手伝いや申請がスムーズに行えるような窓口機能を強化していきます。

     

  • 安心まちづくり

     

    ◎地域コミュニティの再生に向けて、自治会、町内会等各種団体の活􏰀を 支援します

     

    ◎地域の声を踏まえた「コミュニティバス」の拡充を進め市内の交通不便 地域を減らします

     

    ◎健康⻑寿命社会を目指し、生活習慣病予防、がん検診などの健康診断の 受信率を向上させるような施策に取り組みます

     

    ◎在宅医療・介護、特別養護老人ホームの整備、介護人材の確保等を進め 「市域包括ケアシステム」を推進します。

    安全まちづくり

     

    ◎災害時自助・共助推進条例に基づき、地域における自主的な災害対策を 支援します

     

    ◎生活道路の渋滞緩和や地域交通、安全に歩ける歩行者空間の確保など快 適な生活環境をつくります

     

    ◎建築物の耐震化、がけ地対策の強化、狭あい道路の拡幅等、災害に強い 街づくりを目指します

     

    ◎地域防犯力の強化のため、⺠間の活力等を利用して防犯カメラの設置を 拡充します

     

     

    活き活きまちづくり

     

    ◎小規模企業をはじめとした中小企業のの事業継承を進め、経営基盤の強 化・商店街の活性化を図ります

     

    ◎国際園芸博覧会(花博)の上􏰁谷招致に全力で取り組み、世界水準の花と緑 の街づくりに取り組みます

     

    ◎シングルマザーを含め女性が働きやすい環境を整えます

     

    ◎新たなMICE施設の創設と活用、eスポーツ等の大型イベントの誘致を進 めます

     

    ◎都市計画道路の整備、駅周辺の街づくりを積極的に進め、横浜経済を活 性化します

    育むまちづく

    育むまちづくり

     

    ◎幼保無償化にあたり、0〜2歳児の保育についてもしっかりと取り組み、 子育てしやすい環境を整えます

     

    ◎学校におけるいじめを減らすため、学校・家庭・地域社会の連携を強化し ます

     

    ◎災害時には避難所となる小中学校の体育館に空調設備の設置を進め、子ど もの熱中症対策に取り組みます

     

    ◎発達障害のある子ども・若者への支援を進めます

     

     

     

  • broken image

    神奈川東部方面線(西谷~羽沢国大前間) 相鉄・JR直通線が

    今年2019年秋に開通します !

    「神奈川東部方面線」は、相鉄本 線⻄谷駅からJR東海道貨物線横 浜羽沢駅付近で、JR東海道貨物 線へ乗り入れる「相鉄・JR直通 線」と、JR東海道貨物線横浜羽 沢駅付近から新横浜駅を経由し、 東急東横線・目黑線日吉駅で東急 線へ接続する「相鉄・東急直通 線」を整備し、相鉄線とJR線、 東急線との相互直通運転を行うも のです。

     

    20年にも渡る計画・整備の末、今年秋には、まず第一弾とし て「相鉄・JR直通線」が開通します。そしてまたその3年後 には、「相鉄・東急直通線」も続けて開通します。 整備効果としては、横浜市⻄部や神奈川県県央部からの都心 への時間短縮、乗り換えの減少、混雑の緩和や新幹線へのア クセスの向上、新しい鉄道のネットワークが形成されること による各地域の発展が見込まれています。 保土ケ谷区においても、東部方面線の起点駅である⻄谷駅が 今後横浜の新しい玄関口の一つとして発展をしていくことが 予想されています。 駅前整備はもちろんのこと、その周辺の開発、それに伴う周 回バスや道路拡張等の交通網の整備、人口増加に伴う保育園 等の福祉施設の整備等を今後10年以上に渡り取り組んでいか なくてはなりません。

     

    また新設される「羽沢国大前駅」は神奈川区に位置するものの、保土ケ谷区の峰沢町、 常盤台、上菅田町、上星川町等に隣接しており、そちらの整備においても政治の力が必 要になります。 ⻘木りょうすけは、神奈川東部方面線が開通したあとの保土ケ谷区の発展を地域の皆様 の声に耳を傾けながらしっかりと取り組んでまいります。

     

    broken image

    保土ケ谷駅周辺再整備の第1弾として、

    東口県税事務所跡地建て替えを進めます!

    そして、次なる1手へ・・・

    保土ケ谷駅は1日の乗降客数が7万人近くにもなる 区内を代表する駅にも関わらず、東口の駅前空間 は国道1号線に分断され、駅の利便性やバリアフ リー対応の観点からも課題が多い場所です。 また駅全体を見渡してみても、再整備が進んだ近 隣の東戶塚駅や戶塚駅と比べ見劣りがすると言わ ざるをえません。

     

    そこで保土ケ谷駅周辺再整備の第1弾として、旧 保土ヶ谷県税事務所跡地に、地域ケアプラザ、保 育所、商業施設などを併設する建て替え事業に着 手し、まずは喫緊の課題である福祉対策に取り組 み、それを皮切りに駅前広場からの􏰀線の利便性 を向上させ、バリアフリー化等使い勝手の良い保 土ケ谷駅を目指します。

     

    そして、次なる1手として考えていかなくてはならないことは、 保土ケ谷区⺠の皆様にも、区外からお越しになる皆様にも実 感していただけるような魅力あふれる保土ケ谷駅周辺のまち づくりです。 周辺住⺠の皆様、町内会や自治会に呼びかけをし行政との協 力体制の元、今後「保土ケ谷駅周辺まちづくり協議会(仮)」を 立ち上げ、区⺠の皆様の声が反映されるようなまちづくりに 取り組んでいきたいと思っています。

     

    宿場町「程ケ谷宿」というブランド生かした、住んでいる区 ⺠の皆様に誇りを持っていただけて、市外や外国人などの観 光客にも立ち寄っていただけるようなまちづくり、周辺巡回 バスの見直しや旧保土ケ谷小学校跡地の利用・整備、東口商 店街の活性化のための施策、また天王町駅方面からの道路に おいては歴史的景観を大切にした歩道の整備等取り組まなく てはならない課題がたくさんあります。

     

    ⻘木りょうすけはこれから議論を重ね、区⺠の皆様とともに まちづくりにしっかりと取り組んでいきたいと考えています。

    broken image
  • broken image

    神奈川東部方面線(西谷~羽沢国大前間) 相鉄・JR直通線が

    今年2019年秋に開通します !

    「神奈川東部方面線」は、相鉄本 線⻄谷駅からJR東海道貨物線横 浜羽沢駅付近で、JR東海道貨物 線へ乗り入れる「相鉄・JR直通 線」と、JR東海道貨物線横浜羽 沢駅付近から新横浜駅を経由し、 東急東横線・目黑線日吉駅で東急 線へ接続する「相鉄・東急直通 線」を整備し、相鉄線とJR線、 東急線との相互直通運転を行うも のです。

     

    20年にも渡る計画・整備の末、今年秋には、まず第一弾とし て「相鉄・JR直通線」が開通します。そしてまたその3年後 には、「相鉄・東急直通線」も続けて開通します。 整備効果としては、横浜市⻄部や神奈川県県央部からの都心 への時間短縮、乗り換えの減少、混雑の緩和や新幹線へのア クセスの向上、新しい鉄道のネットワークが形成されること による各地域の発展が見込まれています。 保土ケ谷区においても、東部方面線の起点駅である⻄谷駅が 今後横浜の新しい玄関口の一つとして発展をしていくことが 予想されています。 駅前整備はもちろんのこと、その周辺の開発、それに伴う周 回バスや道路拡張等の交通網の整備、人口増加に伴う保育園 等の福祉施設の整備等を今後10年以上に渡り取り組んでいか なくてはなりません。

     

    また新設される「羽沢国大前駅」は神奈川区に位置するものの、保土ケ谷区の峰沢町、 常盤台、上菅田町、上星川町等に隣接しており、そちらの整備においても政治の力が必 要になります。 ⻘木りょうすけは、神奈川東部方面線が開通したあとの保土ケ谷区の発展を地域の皆様 の声に耳を傾けながらしっかりと取り組んでまいります。

     

    broken image

    保土ケ谷駅周辺再整備の第1弾として、

    東口県税事務所跡地建て替えを進めます!

    そして、次なる1手へ・・・

    保土ケ谷駅は1日の乗降客数が7万人近くにもなる 区内を代表する駅にも関わらず、東口の駅前空間 は国道1号線に分断され、駅の利便性やバリアフ リー対応の観点からも課題が多い場所です。 また駅全体を見渡してみても、再整備が進んだ近 隣の東戶塚駅や戶塚駅と比べ見劣りがすると言わ ざるをえません。

     

    そこで保土ケ谷駅周辺再整備の第1弾として、旧 保土ヶ谷県税事務所跡地に、地域ケアプラザ、保 育所、商業施設などを併設する建て替え事業に着 手し、まずは喫緊の課題である福祉対策に取り組 み、それを皮切りに駅前広場からの􏰀線の利便性 を向上させ、バリアフリー化等使い勝手の良い保 土ケ谷駅を目指します。

     

    そして、次なる1手として考えていかなくてはならないことは、 保土ケ谷区⺠の皆様にも、区外からお越しになる皆様にも実 感していただけるような魅力あふれる保土ケ谷駅周辺のまち づくりです。 周辺住⺠の皆様、町内会や自治会に呼びかけをし行政との協 力体制の元、今後「保土ケ谷駅周辺まちづくり協議会(仮)」を 立ち上げ、区⺠の皆様の声が反映されるようなまちづくりに 取り組んでいきたいと思っています。

     

    宿場町「程ケ谷宿」というブランド生かした、住んでいる区 ⺠の皆様に誇りを持っていただけて、市外や外国人などの観 光客にも立ち寄っていただけるようなまちづくり、周辺巡回 バスの見直しや旧保土ケ谷小学校跡地の利用・整備、東口商 店街の活性化のための施策、また天王町駅方面からの道路に おいては歴史的景観を大切にした歩道の整備等取り組まなく てはならない課題がたくさんあります。

     

    ⻘木りょうすけはこれから議論を重ね、区⺠の皆様とともに まちづくりにしっかりと取り組んでいきたいと考えています。

    broken image
  • 市会活動報告

     

    横浜市会インターネット中継より

    ※画像ページをクリックすると動画ページに移動します

  • 令和5年2月28日(予算第二特別委員会(温暖化対策統括本部・環境創造局関係))
     

    令和5年度予算特別委員会

     

    1 令和5年度予算総括
    2 公共施設への太陽光発電設備の導入促進
    3 ぺロブスカイト太陽電池
    4 SDGs未来都市の推進
    5 横浜市下水道事業中期経営計画
    6 下水道の脱炭素
    7 中大口径下水道管の維持管理
    8 下水道の経営
    9 緑と花の取組と2027年国際園芸博覧会の機運醸成
    10 旧上瀬谷通信施設の公園整備
    11 その他

    broken image
  • 令和5年2月24日(予算第二特別委員会(消防局関係))
     

    令和5年度予算特別委員会

     

    1 消防局におけるDXの取組
    2 消防本部庁舎の整備
    3 消防訓練センターの訓練施設の更新整備
    4 旧上瀬谷通信施設地区の防災機能検討
    5 その他

    broken image
  • 令和4年9月29日(決算第二特別委員会)(資源循環局関係)

     

    令和5年度予算特別委員会

     

    1、令和3年度決算を振り返っての所感
    2、保土ケ谷工場再整備事業
    3、焼却工場でのCCU実証実験
    4、ごみの集積所の設置等に関する支援
    5、収集運搬許可業者に対する支援と連携
    6、その他

    broken image
  • 令和4年5月20日(本会議)

     

    一般質問

     

    1、ウクライナ支援
    2、特別自治市
    3、長期財政推計を踏まえた今後の政策展開
    4、魅力的な都市づくり
    5、旧上瀬谷通信施設のまちづくり
    6、道路予算の確保
    7、用途地域等の見直し
    8、PPP/PFIプラットフォーム

    9、シニアの活躍

    10、シティプロモーションの推進

    11、インバウンドへの取組

    12、脱炭素先行地域の取組

    13、協働・共創

    14、DXの推進

    15、救急搬送体制の充実強化

    16、精神障害者の地域生活支援

    broken image
  • 令和4年3月8日予算第一特別委員会

     

    道路局関係

     

    1、令和4年度道路局予算
    2、都市計画道路の整備推進
    3、桜木東戸塚線の整備
    4、国道1号(保土ケ谷橋工区)の整備
    5、保土ケ谷区鎌谷町の新たなる道路整備
    6、PFI手法による電線共同溝整備の施工
    7、連続立体交差事業の推進
    8、その他

    broken image
  • 令和4年3月2日予算第一特別委員会

     

    こども青少年局関係

     

    1、在宅障害児支援の充実に向けた調査
    2、医療的ケア児に対する支援
    3、里親
    4、ひとり親家庭思春期・接続期支援事業
    5、私立幼稚園等預かり保育事業
    6、地域子育て支援拠点サテライト整備
    7、その他

    broken image
  • 令和4年2月28日  予算第一特別委員会

     

    経済局関係

     

    1、企業誘致
    2、デジタル化に向けた取組
    3、市内中小企業に向けた事業承継支援
    4、職業訓練事業
    5、エシカル消費の普及・啓発
    6、商店街支援
    7、その他

    broken image
  • 令和3年10月21日

    決算第一特別委員会

     
    こども青少年局関係
     

    1、こども青少年局決算
    2、妊娠期からの切れ目のない支援と出産費用ゼロ
    3、横浜市子供を虐待から守る条例の一部改正を受けた今後の運用
    4、待機児童対策
    5、放課後児童健全育成事業における事務のデジタル化
    6、コロナ禍における困難を抱える若者の就労支援
    7、その他

    broken image
  • 令和3年10月13日

    決算第一特別委員会

     
    都市整備局関係
     
    1、北仲通地区のまちづくり
    2、国際園芸博覧会
    3、旧上瀬谷通信施設におけるまちづくり
    4、綱島駅東口のまちづくり
    5、公民連携による富岡地区の交通サービス
    6、その他

    broken image
  • 令和3年10月7日  決算第一特別委員会局別審査

     

    建築局関係

     

    1 建築局決算
    2 脱炭素社会の実現に向けた取組
    3 ブロック塀等の改善
    4 用途地域等の見直し
    5 マンション管理の適正化
    6 よこはま防災力向上マンション認定制度
    7 その他

    broken image
  • 令和3年3月10日  

    予算第一特別委員会

     

    道路局関係

     

    1、令和3年度道路局予算
    2、都市計画道路の整備
    3、星川~天王町駅間連続立体交差事業推進
    4、高速道路ネットワークによる混雑緩和
    5、未就学児の移動経路等の交通安全対策
    6、ビッグデータを活用した交通安全対策
    7、帷子川の河川改修
    8、その他

    broken image
  • 令和3年3月4日 

    予算第一特別委員会

     

    国際局関係

     

    1、コロナ禍の海外事務所の事業活動
    2、Y-PORT事業
    3、シティネット
    4、市内小中学校とアフリカとの交流
    5、多文化共生
    6、その他

    broken image
  • 令和2年10月8日 

    決算第一特別委員会局別審査

     

    道路局関係

     

    1、令和元年度決算の所感
    2、厳しい財政状況でも整備を進めるべき
    3、保土ケ谷区鎌谷町の新たな道路整備
    4、一般国道1号保土ケ谷橋工区
    5、今井川の河川改修
    6、水防事業
    7、自然災害への備え
    8、バス停周辺の安全対策
    9、その他

    broken image
  • 令和2年10月2日 

    決算第一特別委員会局別審査

     

    都市整備局関係

     

    1、関内・関外地区のまちづくり
    2、まちの不燃化推進事業
    3、保土ケ谷駅周辺のまちづくり
    4、ヨコハマ市民まち普請事業
    5、京急沿線富岡地区における地域交通の実証実験
    6、国際園芸博覧会と旧上瀬谷通信施設のまちづくり
    7、その他

    broken image
  • 令和2年9月30日 

    決算第一特別委員会局別審査

     

    医療局・医療局病院経営本部関係

     

    1、本市の感染症対策とコロナウイルスへの対応
    2、地域防災拠点の職員動員
    3、令和2年度執行体制
    4、インターンシップ
    5、マイナンバーカードを活用した消費活性化策
    6、本市のサイバーセキュリティー対策
    7、新市庁舎整備

    broken image
  • 令和2年9月8日
     
    本会議
     
     

    1、くらし・経済対策
    2、コロナ禍におけるICTを活用した公民連携の取組
    3、都心臨海部における消防力の強化
    4、保土ケ谷駅・西谷駅周辺整備の方向性
    5、連続立体交差事業の推進
    6、がん検診受診率向上に向けた取組の推進
    7、コロナ禍における創造的イルミネーション
    8、職員室業務アシスタント
    9、学校における熱中症対策

    10、学校における新型コロナウイルス感染症対策

     

    broken image
  • 令和2年3月9日 

    予算第二特別委員会局別審査

     

    総務局関係

     

    1、本市の感染症対策とコロナウイルスへの対応
    2、地域防災拠点の職員動員
    3、令和2年度執行体制
    4、インターンシップ
    5、マイナンバーカードを活用した消費活性化策
    6、本市のサイバーセキュリティー対策
    7、新市庁舎整備

    broken image
  • 自民党マニュフェスト

    よこはま自民党の

    マニュフェストが見れます

    broken image

    かながわ自民党

    よこはま自民党

    よこはま自民党

  • 青木りょうすけ

    プロフィール

    選ばれる都市「よこはま」

    選ばれるまち「保土ケ谷」

    broken image

     昭和51年8月14日生まれ

     

    保土ケ谷区生まれ保土ケ谷区育ち

     

    妻と地元小・中学校に通う2人の娘と在住

     

    代々続く鳶(とび)の家に生まれる

     

    <学歴>

    セントメリー幼稚園、

    市立帷子小学校、

    法政二中、

    法政二高、

    法政大学経済学部卒業

     

     

    <役職>

    天王町町内会相談役

    保土ヶ谷消防団第二分団部長

    西谷駅周辺まちづくり連絡協議会 顧問

    YCVテレミン商店街(天王町)顧問

    自衛隊募集相談員

    天王町神輿会総代

    神輿会五番睦相談役

    broken image
    broken image
  • 青木りょうすけ事務所

    〒240-0054

    横浜市保土ケ谷区西谷1丁目13番地25

    TEL045-382-0294 FAX045-383-8844

  • お問い合わせ

    ご意見・ご要望はこちらからお願い致します。

  • broken image

    Facebook

    broken image

    Twitter

  • Social Me

    Check out my latest updates!