• 青木りょうすけ
    責任と約束!

    保土ケ谷区に全力

    安心まちづくり

     

    ◎地域コミュニティの再生に向けて、自治会、町内会等各種団体の活􏰀を 支援します

     

    ◎地域の声を踏まえた「コミュニティバス」の拡充を進め市内の交通不便 地域を減らします

     

    ◎健康⻑寿命社会を目指し、生活習慣病予防、がん検診などの健康診断の 受信率を向上させるような施策に取り組みます

     

    ◎在宅医療・介護、特別養護老人ホームの整備、介護人材の確保等を進め 「市域包括ケアシステム」を推進します。

    安全まちづくり

     

    ◎災害時自助・共助推進条例に基づき、地域における自主的な災害対策を 支援します

     

    ◎生活道路の渋滞緩和や地域交通、安全に歩ける歩行者空間の確保など快 適な生活環境をつくります

     

    ◎建築物の耐震化、がけ地対策の強化、狭あい道路の拡幅等、災害に強い 街づくりを目指します

     

    ◎地域防犯力の強化のため、⺠間の活力等を利用して防犯カメラの設置を 拡充します

     

    活き活きまちづくり

     

    ◎小規模企業をはじめとした中小企業のの事業継承を進め、経営基盤の強 化・商店街の活性化を図ります

     

    ◎国際園芸博覧会(花博)の上􏰁谷招致に全力で取り組み、世界水準の花と緑 の街づくりに取り組みます

     

    ◎シングルマザーを含め女性が働きやすい環境を整えます

     

    ◎新たなMICE施設の創設と活用、eスポーツ等の大型イベントの誘致を進 めます

     

    ◎都市計画道路の整備、駅周辺の街づくりを積極的に進め、横浜経済を活 性化します

    育むまちづく

    育むまちづくり

     

    ◎幼保無償化にあたり、0〜2歳児の保育についてもしっかりと取り組み、 子育てしやすい環境を整えます

     

     

    ◎学校におけるいじめを減らすため、学校・家庭・地域社会の連携を強化し ます

     

     

    ◎災害時には避難所となる小中学校の体育館に空調設備の設置を進め、子ど もの熱中症対策に取り組みます

     

     

    ◎発達障害のある子ども・若者への支援を進めます

     

  • 神奈川東部方面線(西谷~羽沢国大前間) 相鉄・JR直通線が

    今年2019年秋に開通します !

    「神奈川東部方面線」は、相鉄本 線⻄谷駅からJR東海道貨物線横 浜羽沢駅付近で、JR東海道貨物 線へ乗り入れる「相鉄・JR直通 線」と、JR東海道貨物線横浜羽 沢駅付近から新横浜駅を経由し、 東急東横線・目黑線日吉駅で東急 線へ接続する「相鉄・東急直通 線」を整備し、相鉄線とJR線、 東急線との相互直通運転を行うも のです。

     

    20年にも渡る計画・整備の末、今年秋には、まず第一弾とし て「相鉄・JR直通線」が開通します。そしてまたその3年後 には、「相鉄・東急直通線」も続けて開通します。 整備効果としては、横浜市⻄部や神奈川県県央部からの都心 への時間短縮、乗り換えの減少、混雑の緩和や新幹線へのア クセスの向上、新しい鉄道のネットワークが形成されること による各地域の発展が見込まれています。 保土ケ谷区においても、東部方面線の起点駅である⻄谷駅が 今後横浜の新しい玄関口の一つとして発展をしていくことが 予想されています。 駅前整備はもちろんのこと、その周辺の開発、それに伴う周 回バスや道路拡張等の交通網の整備、人口増加に伴う保育園 等の福祉施設の整備等を今後10年以上に渡り取り組んでいか なくてはなりません。

     

    また新設される「羽沢国大前駅」は神奈川区に位置するものの、保土ケ谷区の峰沢町、 常盤台、上菅田町、上星川町等に隣接しており、そちらの整備においても政治の力が必 要になります。 ⻘木りょうすけは、神奈川東部方面線が開通したあとの保土ケ谷区の発展を地域の皆様 の声に耳を傾けながらしっかりと取り組んでまいります。

     

    保土ケ谷駅周辺再整備の第1弾として、

    東口県税事務所跡地建て替えを進めます!

    そして、次なる1手へ・・・

    保土ケ谷駅は1日の乗降客数が7万人近くにもなる 区内を代表する駅にも関わらず、東口の駅前空間 は国道1号線に分断され、駅の利便性やバリアフ リー対応の観点からも課題が多い場所です。 また駅全体を見渡してみても、再整備が進んだ近 隣の東戶塚駅や戶塚駅と比べ見劣りがすると言わ ざるをえません。

     

    そこで保土ケ谷駅周辺再整備の第1弾として、旧 保土ヶ谷県税事務所跡地に、地域ケアプラザ、保 育所、商業施設などを併設する建て替え事業に着 手し、まずは喫緊の課題である福祉対策に取り組 み、それを皮切りに駅前広場からの􏰀線の利便性 を向上させ、バリアフリー化等使い勝手の良い保 土ケ谷駅を目指します。

     

    そして、次なる1手として考えていかなくてはならないことは、 保土ケ谷区⺠の皆様にも、区外からお越しになる皆様にも実 感していただけるような魅力あふれる保土ケ谷駅周辺のまち づくりです。 周辺住⺠の皆様、町内会や自治会に呼びかけをし行政との協 力体制の元、今後「保土ケ谷駅周辺まちづくり協議会(仮)」を 立ち上げ、区⺠の皆様の声が反映されるようなまちづくりに 取り組んでいきたいと思っています。

     

    宿場町「程ケ谷宿」というブランド生かした、住んでいる区 ⺠の皆様に誇りを持っていただけて、市外や外国人などの観 光客にも立ち寄っていただけるようなまちづくり、周辺巡回 バスの見直しや旧保土ケ谷小学校跡地の利用・整備、東口商 店街の活性化のための施策、また天王町駅方面からの道路に おいては歴史的景観を大切にした歩道の整備等取り組まなく てはならない課題がたくさんあります。

     

    ⻘木りょうすけはこれから議論を重ね、区⺠の皆様とともに まちづくりにしっかりと取り組んでいきたいと考えています。

  • 2019自民党マニュフェスト

    よこはま自民党の

    マニュフェストが見れます

    自民党AIによるチャットポット

    AIを駆使した

    チャットポットと対話できます

    かながわ自民党

    よこはま自民党

    よこはま自民党

  • 青木りょうすけプロフィール

    保土ケ谷生まれの42歳

    即戦力の働き盛り!

    昭和51年8月14日生まれ

    42歳

     

    保土ケ谷区生まれ保土ケ谷区育ち

     

    妻と地元小・中学校に通う2人の娘と在住

     

    代々続くとび職の家に生まれ

     

    セントメリー幼稚園、

    市立帷子小学校、

    法政二中、

    法政二高、

    法政大学経済学部卒業

     

    横浜市内の建設会社に務めたのち家業を継ぎ、10年前に志を持って政治の世界へ

     

    自⺠党横浜市会議員団の政務調査員として市会議員の一番近くで政策立案等の補助を務める

     

    町内会の副会⻑、地元神輿会会⻑、消防団員(20年)

  • 青木りょうすけ事務所

    〒240-0052

    横浜市保土ケ谷区西谷町934

    TEL045-382-0294 FAX045-383-8844

  • お問い合わせ

    ご意見・ご要望はこちらからお願い致します。